‘事務局’ 情報の一覧

沢井比河流先生審査員「この音とまれ!箏曲演奏コンクール」

2017-10-05

「この音とまれ!箏曲演奏コンクール」開催決定!
予選を勝ち抜いた5団体(予定)が来たる2018年1月2日に行われる本選へ出場!

<参加資格>

応募は「学生(高校生以上、大学、専門学生)」に限ります。
別の学校、団体の方との応募でも構いません。
未成年の方のみで参加の場合、保護者1名の同行をお願いします。

<審査員>

アミュー 【「この音とまれ!」原作者】
沢井 比河流 【箏曲家/作曲家】
田中 隆文 【邦楽ジャーナル・編集長】

<詳細>

コンクール公式ホームページ
(NHKエンタープライズ/クリエイティブエッグ)
https://www.kono-oto.com

ジャンプSQこの音とまれ!箏曲演奏コンクール
(集英社)
http://jumpsq.shueisha.co.jp/contents/konoototomare_concours1/

会員の新刊楽譜NEW

2017-09-07

◆丸田美紀
  独奏 ポップス抒情歌集No.1(五音階編)
  丸田美紀編曲
   
  出版 大日本家庭音楽会
   楽譜 価格800円+税 / CD 価格1,000円+税

◆井関一博
  井関一博作品集No.3
  「青葉の森」( Ⅰ箏 / Ⅱ箏 )
  
  出版 大日本家庭音楽会
   楽譜 価格700円+税

◆斉藤真佐子
  鳥のように~Pianoforte(ピアノ譜)
  作曲 沢井忠夫 / 編曲 斉藤真佐子

  

  出版 マザーアース(株)
   楽譜 定価1,700円+税(11月1日発売予定)

6月21日(水)沢井忠夫先生のアルバムが高音質CDでコロムビアレコードから発売!

2017-06-20

和楽器の名演UHQCDシリーズ
『箏 沢井忠夫の世界』
 COCJ-40013 ¥2,000+税
(*1993年5月21日発売『ニュー邦楽 箏 沢井忠夫』を改題)

沢井忠夫および沢井忠夫合奏団が演奏する現代邦楽作品を集めた名演アルバムを、“究極の高音質CD”といわれるUHQCD化するシリーズとして発売。
<収録曲>
 1.「箏と管弦打楽の為の雅影」(石井真木)
   指揮:石井真木
   箏:沢井忠夫
   新日本フィルハーモニー交響楽団
 2.「卯月の翠」(柴田南雄)
   箏:沢井忠夫
 3.オーロラⅡ(藤田正典)
   箏Ⅰ:沢井忠夫
   箏Ⅱ:沢井一恵
   打楽器:吉原すみれ
 4.「箏合奏のためのオデュッセイア」(新実徳英)
   沢井忠夫合奏団

コロムビアレコード『箏 沢井忠夫の世界』詳細ページ
http://columbia.jp/artist-info/sawaitadao/discography/COCJ-40013.html

5月26日(金)にっぽんの芸能「演奏家の肖像・沢井一恵」NHKのEテレ放送NEW

2017-05-11

沢井一恵先生の演奏と音楽に関する考えや演奏活動に対する思いなどを紹介するテレビが、NHKテレビEテレのにっぽんの芸能という番組で「演奏家の肖像・沢井一恵」として放送されます。

他出演者:沢井比河流・沢井箏曲院会員・西村朗
曲目:時の光彩~箏群のためのヘテロフォニー/
   華になる/十七弦六段/めぐりめぐる

NHK Eテレ
放送予定5月26日(金)23:00 〜 23:54
再放送は5月29日(月)12:00 〜 12:54

NHK にっぽんの芸能 公式ホームページ
http://www4.nhk.or.jp/nippongeinou/

年末年始休業のお知らせ

2016-12-26

12月28日(水)〜 1月5日(木)を沢井箏曲院事務局の年末年始休業とさせていただきます。
尚、6日(金)以降は土日祝を除き平常営業といたします。
誠に勝手ではありますがごりかいのほどよろしくお願い申し上げます。

2017年1月22日(日)愛媛県三曲協会 沢井比河流講習会

2016-12-17

愛媛県三曲協会による、沢井比河流先生の講習会が開かれます。
愛媛県三曲協会会員以外の方も受講できます。

2017年1月22日(日)
松山市総合コミュニティーセンター3F大会議室(愛媛県松山市)
http://www.cul-spo.or.jp/comcen/other/access.html
受付12:30〜 開講13:00〜16:00

講師:沢井比河流(箏)/ 岩田卓也(尺八)
講習曲:沢井比河流作曲
    斜影 / 朱へ・・・ / OKOTO
鑑賞曲:真美夜〈沢井比河流〉

受講料:会員3,000円
    会員以外4,000円(学生3,000円)
申込方法:会員/箇々に出される「総会案内返信ハガキ」にて記入して申込
     会員以外/会場受付にて申し込む

10月26日(水)沢井忠夫先生&一恵先生のCD3タイトル発売!

2016-10-22

 10月26日にソニーミュージックダイレクトより沢井忠夫先生と沢井一恵先生の音源が3タイトル発売されます。


「GOLDEN☆BEST 雅」シリーズ 和楽器 Meets クラッシック MHCL-2646
箏:沢井忠夫・沢井一恵 / 尺八:山本邦山 / ギター:中牟礼貞則 / ベース:滝本達郎 / ドラム:猪俣猛
ソニーホームページhttps://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&ima=1404&cd=MHCL000002646


「GOLDEN☆BEST 雅」シリーズ 和楽器 Meets ビートルズ MHCL-2647
箏:沢井忠夫・沢井一恵 / 尺八:山本邦山 / ギター:中牟礼貞則 / ベース:滝本達郎 / ドラム:猪俣猛
ソニーホームページhttps://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&ima=0259&cd=MHCL000002647


「GOLDEN☆BEST 雅」シリーズ 和楽器 Meets 抒情歌 MHCL-2648
箏:沢井忠夫・沢井一恵 / オーケストラ
ソニーホームページhttps://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&ima=0259&cd=MHCL000002648

(尚、GOLDEN☆BEST 雅 シリーズ にはこの3枚の他に
 ・三線 Meets 沖縄の風 MHCL-2649 
 ・津軽三味線 Meets 高橋竹山 MHCL-2650
 が発売されます)

紫のお箏

2016-10-15

 先頃会報でお伝えしました通り、沢井比河流先生のお箏が公開されました。紫色にリフィニッシュされた楽器は見るも鮮やかでした。去る9月18日に紀よ尾井ホールにてお披露目されました。

 沢井比河流先生によると、遙か昔お箏が漆塗りだった時代への原点回帰と、実際の音質や使い勝手の観点からの塗装ということだそうです。(色の選択はご本人の趣味だそうです)

 柱との接地が密になり、立ち上がりがよく、明るい音色がでるとの事です。柱がしっかり密着してるにもかかわらず、塗装材の特性で柱が動きにくいこ事と、塗装面の仕上がりで転調もやりやすいとのことです。


(左:コンバット株式会社 本田光様、右:沢井比河流先生)

 今回はコンバット株式会社の協力により、プロトタイプ的に完成しました。ご興味のある方は沢井箏曲曲院事務局までご一報ください。

コンバット株式会社
http://www.combat-guitars.com

沢井忠夫作曲三つのパラフレーズ がマンガに登場

2016-04-05

 4月4日発売の「ジャンプスクエア5月号」
連載マンガの「この音とまれ!」に沢井忠夫作曲「三つのパラフレーズ」が登場しています。
 
 私立姫坂女学院箏曲部がコンクールに向け、エントリー曲に三つのパラフレーズを選曲するという設定です。押手や転調の多さに部員達が挑む様子が描かれています。楽譜の描写もコマに少し登場してます。

ジャンプスクエア 集英社
http://jumpsq.shueisha.co.jp/sq/

日比谷公会堂 閉鎖数時間前

2016-03-31

 去る3月27日、都山流関東支部 第84回 尺八演奏会 の沢井箏曲院出演に同行させていただきました。沢井忠夫先生作曲の「いとたけ」を力一杯演奏されてました。

 余談ですがこの日を以て、日比谷公会堂が改修工事のため閉鎖になりました。ただし、オリンピックへ向けて予算が流動的で、日比谷公会堂が工事を終え再開される予定は目処がたっていないそうです。またいつの日か日比谷公会堂の舞台に立てる日が待ち遠しいと、沢井比河流先生が呟いてらっしゃったのが印象に残りました。
 ちなみに賑わいを見せていた売店は、この日既に撤去されてました。

« 以前の記事へ
Copyright(c) 2011 沢井箏曲院 Sawai Koto Institute All Rights Reserved.